古楽院2014:ラモーへのお誘い

c0067238_15040008.jpg
今年はフランス・バロックの巨匠ジャン=フィリップ・ラモー Jean-Philippe Rameau (1683-1764) 没後250年を記念して、世界各地で、そして日本でも様々な演奏会が企画されています。フォンス・フローリス関連でも8月31日に合唱団による宗教音楽全曲演奏を予定していて、目下鋭意練習中です!

http://www.fonsfloris.com/choeur/

そしてフォンス・フローリス古楽院でもラモーを聴き、学ぶ講座が今週から始まります。通して受講すればラモーの全体像を知ることができます。1回ごとの受講もできますので、気になる回だけでもぜひおいでください。講義のあとはおいしいフランス・ワインを楽しみながら、フランス・バロック談義に花を咲かせましょう。


古楽院のテレビを新調しました!前より大きく美しい画面で画像等お楽しみ頂けることと思います(^.^)

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
音楽史講義3「フランス・バロック音楽を聴く
〜ラモー没後250年を記念して」
講師:関根 敏子

受講料(茶菓代含む):1回ごと 4,000円 6回通し 20,000円
土曜日 18時30分〜21時 5/10、6/14、7/12、9/13、10/11、11/8
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
問い合わせ、申し込み:
フォンス・フローリス 窪田 m-kubota@fonsfloris.com
つづきは古楽院ブログをご覧ください!→★こちらをクリック

[PR]
by fons_floris | 2014-05-05 14:30 | 古楽院
<< Ottava のこと(花井哲郎) ジャン・ジルの面白さ 花井哲郎 >>