【古楽院】5/25「フランス・バロックのお話」
フランス・バロックの最新情報をサロンのような雰囲気の中で学べる「フランス・バロックのお話」のご案内です。
本日5月25日は第2回目の講義があります。

音楽史講義2「フランス・バロックのお話」
講師:関根 敏子

土曜午後6時30分-9時 受講料:4,500円/回 *茶菓代含む
日程:3/30(終了)、5/25、8/10、9/7、10/12、11/30

17、18世紀のフランスは、音楽史上とてもユニークな時代で、素晴らしい作曲家を輩出しました。その時代と音楽について、フランス・バロックのスペシャリストで、NHK-FM 「古楽の楽しみ」の解説でもおなじみの音楽学者、関根敏子先生がビデオや音源を使いながら楽しくお話しいたします。今年は一般にはあまり馴染みのない作曲家を中心に取り上げ、その作曲家が得意としたジャンル、またその時代の音楽について深めていきます。

第1回 ボエセ Boesset と17世紀前半のエール・ド・クール(終了)
第2回 デュモン Dumont と17世紀前半・中頃の宗教音楽
第3回 ダングルベール D'Anglebert と17世紀後半のクラヴサン音楽
第4回 クレランボー Clerambault と17世紀末から18世紀にかけてのカンタータ
第5回 ジャケ・ド・ラ・ゲール Jacquet de la Guerre と17世紀末から18世紀にかけての女性音楽家たち
第6回 モンドンヴィル Mondonville と18世紀中頃のヴァイオリン音楽と宗教音楽


各回冒頭には院長花井哲郎によるクラブサン演奏があります。昨年からクープランのクラブサン曲集を始めから、各組曲を抜粋しながら順番に取り上げています。今年度は第4組曲からです。また講義後にはフランス・ワインと茶菓をお楽しみいただけます。

関根先生のプロフィールはこちら

講義の形をとっていますが、関根先生のお人柄で、気軽に楽しみながら学べます。
各回とも数名の余裕がありますので、ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。当日の申し込みも可能です。
皆様のお越しをお待ちしております。

連絡先:フォンス・フローリス 窪田 m-kubota@fonsfloris.com

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


*
[PR]
by fons_floris | 2013-05-25 00:00 | 古楽院
<< 【6月5日】直前メッセージ! ... 【記事紹介】ダ・ヴィンチが描い... >>