人気ブログランキング |
【カペラ】直前メッセージ! 花井哲郎

恒例カペラ・レクチャー・コンサート、今回はジョスカンのミサ曲の中でも、飛び抜けて壮大な作りのミサ《ロム・アルメ》「種々の音高による」です。ジョスカンが作ったもう1曲のミサ《ロム・アルメ》は第6旋法という副題がついていて、曲の作りも雰囲気もまったく異なっています。こちらは1月の定期公演で演奏しました。

「種々の音高による」の方は、お話しすることがたくさんあり、レクチャーが長くならないようにうまくまとめるのが大変です。それだけ面白いということで、とんでもない仕掛けがいろいろ組み込まれています。ジョスカンはいつもそうなのですが、そのような凝った、技巧的な作りの曲であるほど、技巧を感じさせずに、感動的な美しさがある、というところが、本当に不思議です。このミサ曲もそのような典型です。実は何も知らなくても十分に楽しめます。でも、知っていると、さらに感嘆します。

通常の演奏だけではなかなかわからないことも、実演を通してお聴かせしながら、この傑作の魅力を解き明かしていきたいと思います。もちろん、お話のあとに、全曲通して演奏します。どうぞお楽しみに!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レクチャーコンサート「ルネサンス・ミサの魅力5」
~ジョスカンのミサ《ロム・アルメ》を聴く


2013年4月10日(水)午後7時(6時30分開場)
東京オペラシティ・近江楽堂

演奏曲目:
ジョスカン・デ・プレ ミサ《ロム・アルメ(武装した人)》「種々の音高による」
Josquin des Prez (1450/55?-1521), Missa "L'homme armé super voces musicales"

出演:
superius 花井尚美 安邨尚美 contratenor 青木洋也 望月裕央
tenor 及川 豊 根岸一郎 bassus 櫻井元希 花井哲郎(音楽監督)

チケット料金:
[前売]一般4,000円 ペア7,000円 学生2,500円 [当日]一般4,500円
 ※全自由席 ※学生券は、学生証を提示のうえお求めください

問い合わせ・お申し込み:
フォンス・フローリス 窪田 m-kubota@fonsfloris.com

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

皆様のお越しをお待ちしております。


*
by fons_floris | 2013-04-08 07:00
<< 【古楽院】4月開講講座のご案... 【古楽院】講座案内と記事紹介「... >>