人気ブログランキング |
【古楽院】講座案内と記事紹介「ルイ・クープランに魅せられて」
本日、古楽院の東京講座がスタートしました。

今週土曜(3/31)には、花井哲郎指導による総合講座「ミサ固有唱を学ぶ」、そして関根敏子先生による音楽史講義2「フランス・バロックのお話」のそれぞれ第一回目が行われます。

総合講座では、3年目となるハインリヒ・イザークを取り上げます。1曲は短いので、取り組みやすい作品であると思います。まだ空きがございます、ご参加お待ちしています。

フランス・バロック講義では冒頭に、花井哲郎によるフランソワ・クープランのクラヴサン組曲からの抜粋演奏があります。
過去の講義ではルイ・クープラン「前奏曲」を取り上げましたが、それについて書かれたエッセイがありますのでご紹介します。

「ルイ・クープランに魅せられて」
タイトルをクリックすると、新しいページが開きます

(ちなみにこの回は、花井哲郎の実演のほか、CDなどで数名の演奏家の「前奏曲」を聴き比べました。受講された皆様も大変興味深く耳を傾けていらっしゃいました)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

本年は

3月31日(土)午後6時半〜
「第1回 ボエセ Boesset と17世紀前半のエール・ド・クール」


として行います。各回ごとのお申し込みも受け付けております。

各講座のお問い合わせ、お申込み:
 フォンス・フローリス 窪田 m-kubota@fonsfloris.com

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

生活や人生の節目を迎えることの多い3月、年度末でもあり何かと慌ただしい時期ですが、そこから少し抜けだして、古楽に身を委ねる…そのような時間を共有出来れば幸いです。

c0067238_22413962.jpg


*
by fons_floris | 2013-03-27 22:00 | 古楽院
<< 【カペラ】直前メッセージ! 花井哲郎 【ご案内】コントラポント 6月... >>