【カペラ】NHK-FM に出演します!
黄金時代スペインの音楽〜ビクトリア没後400年〜
12月31日(土)放送 NHK-FM 午前7:15〜11:50
http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=11w25120111231

c0067238_22423875.jpg今年は没後400年ということでビクトリアに始まり、ビクトリアに終わる一年でした。詳細はまた改めてまとめてみたいと思いますが、とりあえず大晦日の放送のお知らせをしておきます。



NHK-FM でカペラの演奏でビクトリアのミサ《アヴェ・マリス・ステラ》から、キリエ、グロリア、アニュス・デイ、そしてその前に、このミサ曲のテーマである賛歌「アヴェ・マリス・ステラ(めでたし、海の星)」から1節と7節をグレゴリオ聖歌で、2節をビクトリアのポリフォニーで演奏します。この放送のためにカペラがオペラ・シティの近江楽堂で録音した新録音です。この番組のメインが、最後に放送されるタリス・スコラーズのライブ録音ということなので、この二つの団体の、ルネサンス音楽に対する方向性の違いもはっきりするでしょう。

ミサ《アヴェ・マリス・ステラ》はビクトリアの作品の中でも、特に、ジョスカンを始めとしたフランドル音楽の影響が強い曲と感じます。そのために、フランドルをレパートリーの中心に据えてきたカペラでお聴かせするなら、ということでこの選曲になりました。そのような歴史の流れも聴き取って頂けるような演奏になったのではないかと思っています。

私はゲストとして、多分9時過ぎくらいにスタジオに出演して、金澤正剛先生、村治佳織さん、そして黒崎あゆみアナウンサーとちょっとだけトークをします。美女達に見つめられて緊張の収録で(#^.^#)ちょっとしどろもどろになってるかも知れませんが、ご勘弁を!

(花井哲郎)

*写真は、近江楽堂での録音風景
by fons_floris | 2011-12-20 23:00 | カペラ
<< 【古楽院】2012年度 講座案内 【カペラ】山野楽器本店のディスプレイ >>