『アビラの人 ビクトリア』出版のお知らせ(取扱書店増えました)
c0067238_23484532.jpgフォンス・フローリスでは、杉本ゆり著 『アビラの人 ビクトリア』を出版しましたのでご案内いたします。今年、没後400年を迎えたスペインの作曲家トマス・ルイス・デ・ビクトリア Tomás Luis de Victoria (1548-1611)の生涯や作品について、著者独自の視点を交えながら解説した小冊子です。

一般書店では販売しておりませんので、ご用命の際は 『アビラの人 ビクトリア』担当者宛 にメールでご連絡ください。

その他の販売店
●東京古典楽器センター(株式会社ギタルラ社)
東京都新宿区下落合3-17-49
TEL 03-3952-5515 FAX 03-3952-5516
JR山手線 目白駅より徒歩5分 ※ニュートヨタ目白店の隣
営業時間AM10:30~PM7:00 定休日/毎週月曜日(月曜日に祝日が当った場合も休業)

●パナムジカ(通信販売)
「アビラの人 ビクトリア」詳細ページ
http://www.panamusica.co.jp/ja/product/13325/
問い合わせページ
http://www.panamusica.co.jp/ja/inquiry.html



杉本ゆり著 『アビラの人 ビクトリア』
売価:1028円(8%の税込・送料別)
出版・販売:フォンス・フローリス
A5判 52ページ

著者:杉本ゆり
武蔵野音楽大学音楽学学科卒業
国立音大を経て、現在、聖グレゴリオの家・宗教音楽研究所勤務

目次:
はじめに
ビクトリアが生きた時代
生涯
作品
 ミサ曲
 マニフィカト
 賛歌(イムヌス)
 モテット
聖週間聖務日課曲集
 オリジナル楽譜の所見
 作品の成立
 曲集の構成
 各楽曲について
 1. エレミアの哀歌
 2. ビクトリアのエレミアの哀歌
 3. レスポンソリウム
 4. 賛課
 5. 「王の御旗は進む」Vexilla Regis
 6. スペイン起源の旋律
アビラの人
[PR]
by fons_floris | 2011-03-24 22:00 | フォンス・フローリス
<< 【カペラ】公演日ご注意ください 「ゆりの花のよう」 >>