【花井哲郎】新番組「古楽の楽しみ」スタート!
c0067238_23313279.jpgNHK-FMの番組「バロックの森」がこの4月より改編になり、新番組「古楽の楽しみ」として新たにスタートします。それに伴い、毎週日曜日午前6時00分〜6時55分は私、花井哲郎が担当することになりました!今年度はルネサンス音楽を、その始まりからバロックの夜明けまで、だいたい1400年くらいから1600年くらいまで、時代を追って年間約50回分のプログラムを組んでいきます。時間制限があるのと、CDをお聴かせするのが番組の目的であることから、あまり詳しいお話はできませんが、200年間にわたるルネサンス時代の音楽のだいたいの流れを、主な名曲を聴きながら把握できるようにするつもりです。



まとめて再放送することもあるそうですので、おおよそ5回で一つのテーマを扱います。最初の5回は導入編として、ルネサンス以前の音楽、グレゴリオ聖歌から始めてマショーまで、中世音楽の概要をざっと一通りご紹介します。その後、ダンスタブルに始まり、デュファイ、フランドルの音楽、ジョスカン、パレストリーナやビクトリア、パリのシャンソンなどなど、そして最後はモンテヴェルディで終わります。声楽曲だけでなく、様々な楽器の録音もお聴かせします。

NHK-FMではここ数年「ベスト・オブ・クラシック」の秋の古楽週間を毎年担当させていただいていますが、年間を通しての定期番組を持つのは初めてです。学者ではないので、いつもかなり必死で勉強しないと追いつかないので大変ですが、古楽の演奏家として、古い音楽のおもしろさを知っていただくための啓蒙活動は、演奏活動と同じくらい大事だとずっと考えてきています。それでワークショップや、古楽院の講座、またアマチュア団体の指導などを積極的にやってきていますが、それに加えて放送の場が与えられたのは、本当にうれしい限りです。日曜の早朝なんて起きるの無理。。。などといわずに、どうかこの番組を応援してください。なにしろ、バロック音楽も、現代音楽も番組があるのに、今まで中世・ルネサンスに特化した番組というのは存在しておらず、これが初めての試みになるのです。誰にでもわかりやすく楽しい番組を目指します。はらはらどきどき緊張の第1回は4月3日です!どうぞよろしくお願いします。

(花井哲郎)
[PR]
by fons_floris | 2011-01-30 11:00 | 花井哲郎
<< 【カペラ】新アルバム発売! 【古楽院】2011年度受講生募集 >>