<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
掲載終了「歴代副楽長達のグラン・モテ」プログラム・ノート
訪問ありがとうございます。
2015年8月2日(日)の演奏会「グラン・モテの系譜」のプログラム・ノート(花井哲郎執筆)の掲載期間は終了しました。


[PR]
by fons_floris | 2015-07-27 17:00 | 合唱団フォンス・フローリス
8月2日 グラン・モテの系譜(合唱団フォンス・フローリス&コントラポント)
デュ・モン、ド・ラランド、カンプラ、モンドンヴィル。

一般には聞き慣れない名前と思います。

でも、フランス・バロック音楽を愛する者にとってはトップスターなのです!

特に宗教音楽の分野ではこの4人の存在はとても大きいです。

その代表的な作品を集めて聴けるというのは本当に今まで日本にはなかったことと思います。

合唱団フォンス・フローリスは来年には10周年を迎えますが、これまで毎年フランス・バロックの宗教音楽ばかりを演奏してきました。

その鍛錬の成果をお聴き頂けることと思います。

スペシャリストのプロ集団である古楽アンサンブル コントラポントの独唱、管弦楽陣が本格的なサウンドで華を添えてくれます。

暑い夏の花火のようなこの豪華な音楽をどうぞお楽しみください!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グラン・モテの系譜
2015年8月2日(日)午後2時(1時30分開場)
上野学園 石橋メモリアルホール


アンリ・デュ・モン「バビロンの流れのほとりで」
Henry Du Mont (ca.1610-1684), “Super flumina Babylonis”

ミシェル=リシャール・ド・ラランド「主に向かって新しい歌を歌え」
Michel-Richard de Lalande (1657-1726), “Cantate Domino canticum novum”

アンドレ・カンプラ「神はわたしたちの避けどころ」
Andre Campra (1660-1744), “Deus noster refugium”

ジャン=ジョゼフ・カッサネア・ド・モンドンヴィル「深い淵より」
Jean-Joseph Cassanea de Mondonville (1711-1772), “De profundis”


つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2015-07-27 09:00 | 合唱団フォンス・フローリス
8月2日 出演者変更のお知らせ
合唱団フォンス・フローリス/コントラポント
グラン・モテの系譜

当初出演を予定しておりましたソプラノ花井尚美は、健康上の理由により出演できないことになりました。

代わりまして、染谷熱子が出演いたします。
演奏曲等に変更はありません。


[PR]
by fons_floris | 2015-07-27 09:00 | 合唱団フォンス・フローリス
カペラ定期公演・友の会のご案内(2015/2016シーズン)
c0067238_20392544.jpg


つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2015-07-26 20:30 | カペラ
掲載終了:カペラ・プログラム・ノート(7月20日「サルヴェの祈り」)

プログラム・ノートの掲載期間が終了しました。今後ともカペラをどうぞご支援下さい!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
ヴォーカル・アンサンブル カペラ公式サイト



[PR]
by fons_floris | 2015-07-14 22:00 | カペラ
カペラ7月20日公演案内 サルヴェの祈り
11名の歌手による、深遠なるグレゴリオ聖歌と神秘的で美しいルネサンス・ポリフォニーの世界。
c0067238_00022603.jpg
ヴォーカル・アンサンブル カペラはルネサンス音楽の巨匠ジョスカン・デ・プレに長年取り組んできています。そして同時代の作曲家、またジョスカン以前、あるいはジョスカン以降のフランドルの 曲家たちの素晴らしい作品も紹介してきました。

この演奏会ではジョスカンに影響を受け、その様式を取り入れ、新しい個性的な境地を切り開いていった16世紀フランドルの作曲家達の作品を集めたプログラムを組んでみ ました。その中心になるのはハプスブルグ宮廷で活躍したニコラ・ゴンベールです。優美で流麗な旋律が、切れ目なく緻密なポリフォニーを紡ぎ出していく、フランボワイヤンと呼ぶにふさわしい作品を多数残しています。

プログラム前半は聖母のためのモテットと、ゴンベールの「白鳥の歌」ともいわれる8曲のマニフィカトから第4旋法の曲を、聖母の晩課の形式で、グレゴリオ聖歌や詩編朗唱などを交えて演奏します。後半は聖母への祈りの集いである「サルヴェの祈り」の形で、クレメンス・ノン・パパ 、クレキヨン、リシャフォール、といった、一般にはなかなか聴けない作曲家たちの美しい聖母モテットを演奏します。
聖母に捧げる音楽の花束のようなこのプログラムにどうぞご期待ください。


つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2015-07-06 00:00 | カペラ