<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
コントラポント定期公演ご案内(2014/2015シーズン)
2014年12月にスタートするコントラポント2014/2015シーズンの公演案内です。

12月21日(日)パレストリーナ、ガブリエリ、シャルパンティエ他のクリスマスの音楽
3月22日(日)ビクトリア エレミアの哀歌 ほか
6月22日(月)モンテヴェルディ 聖母の夕べの祈り

友の会のご案内もございます。
この機会に是非ご検討ください。

過去の公演情報、YouTube動画などは公式サイトをご覧ください。


ごあいさつ

c0067238_10202407.jpg
後期ルネサンスからバロックにかけての宗教音楽を年3回、古楽スペシャリストによるクオリティの高い演奏でお届けする、古楽アンサンブル コントラポントの定期公演シリーズ、お陰様で2年目を迎えることになりました。

まず12月は楽しいクリスマス・コンサートです。神秘的なパレストリーナのミサ曲やモテット、イタリア初期バロックの華麗なリコーダーの音楽、前回のジャン・ジルに続く南仏バロックの奇才ブジニャック、そしてコントラポント定番のシャルパンティエと盛りだくさん。

3月はこの2年間連続して演奏してきた聖週間のア・カペラ合唱音楽シリーズの第3弾、今回はスペイン・ルネサンスの大作曲家ビクトリアの作品を取り上げます。キリストの受難を深い瞑想の内に追体験させてくれる感動的な音楽です。

そしてコントラポントは2015年に結成10周年を迎えます。その記念公演に、言わずと知れたモンテヴェルディの名曲「聖母の夕べの祈り」を選びました。作品の本来の響きを取り戻すため、独唱を中心とした少人数の声楽アンサンブルと充実の器楽陣で演奏します。どうぞお楽しみに!

リーダー 花井哲郎


つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2014-08-19 10:30 | コントラポント