<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
公演案内:マショー ノートル・ダム・ミサ(カペラ)
c0067238_16545039.jpg
ヴォーカル・アンサンブル カペラ 2013/2014シーズン定期公演

2014年7月21日(月・祝)午後4時開演
聖アンセルモ・カトリック目黒教会
(3時30分開場。40分から、音楽監督の花井哲郎による解説があります)


「キリエ」の楽章が始まったとたん、得も言われぬ浮遊感にただ身を任せるしかない、そんな不思議な魅力が全編を通して満ちあふれている名曲、それがマショーのノートル・ダム・ミサです。
爛熟の中世14世紀にあって、その時代の音楽全般の特徴でもあるし、マショーという巨大な個性の魔力でもありますが、その中でも特にこの曲の素晴らしさは何度味わっても飽きることがありません。
時代が古くなるほど、私たちから遠い音楽になっていくようにも思えるかもしれませんが、あるいはまさにそれゆえに、この最古の通作ミサ曲は、現代においても誰もが認める名曲として輝き続けています。
同時代の作曲家で、その後の記譜法を確立した「アルス・ノヴァ」の著者ヴィトリのモテット、また聖母ミサのグレゴリオ聖歌などと共に、14世紀の豊かな香りを存分に味わえるひとときとなることでしょう。

演奏曲
グレゴリオ聖歌 聖母マリアのミサ固有唱
Gregorian chant, Proprium missae de Beata Maria Virgine
ギヨーム・ド・マショー ノートル・ダム・ミサ
Guillaume de Machaut (ca.1300-1377), La Messe de Nostre Dame
フィリップ・ド・ヴィトリ「おまえたち、何を驚いて/いとも優美な/喜んでください、栄光ある」
Philippe de Vitry (1291-1361), "Vos quid admiramini/Gratissima/Gaude gloriosa"
ほか

演奏:ヴォーカル・アンサンブル カペラ
superius 花井尚美 安邨尚美
contratenor 青木洋也 望月裕央
tenor 及川豊 根岸一郎 渡辺研一郎
bassus 櫻井元希 花井哲郎 Maestro di Cappella=音楽監督

チケット料金:
前売:一般4,200円 ペア7,400円
当日:一般4,700円 学生:2,500円*
全自由席(会員優先席あり)*学生券は、学生証を提示のうえお求め下さい

前売券取扱:
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650(セブン-イレブンでの引き取り可能)
※休窓口販売はありません
東京古典楽器センター 03-3952-5515
スペース・セント・ポール 03-5981-9009
サンパウロ 03-3357-8642(四谷駅前)

c0067238_16542719.gif


[PR]
by fons_floris | 2014-06-16 17:00 | カペラ
ジャン・ジル公演終了感謝!(花井哲郎)
古楽アンサンブル コントラポントによる南仏バロックの巨匠ジャン・ジルの演奏会は、あいにくの雨にもかかわらずお陰様でなかなかの盛況だった。知名度の決して高いとはいえない作曲家にもかかわらず、これだけのお客様に来ていただけたことは感謝に堪えない。

東京カテドラルは屋根の構造上、雨の音が聖堂内にかなり響いてしまう。静寂の中で聴いていただけなかったのは申し訳なかったが、そもそも閉鎖された近代的なコンサート・ホールで演奏された音楽ではないのだから、そういった環境音もある程度は許容していただけるかもしれない。むしろ、レクィエムの雰囲気にふさわしかったと言ってくださった方もあった。

実は演奏上の苦労もいろいろあった。


つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2014-06-10 11:30 | コントラポント
6/6当日券
古楽アンサンブル コントラポント
「南仏バロックの巨匠ジャン・ジル」

午後6時15分から、当日券を販売いたします。

一般 5,500円
学生 2,500円

東京カテドラル入口奥に受付を設けます。

例年より一足早く梅雨入りした東京ですが、夕方には雨も弱まりそうです。

足元にお気をつけてお越しください。
[PR]
by fons_floris | 2014-06-06 07:52 | コントラポント
6/6直前情報!(コントラポント)
いよいよ明日に迫った「南仏バロックの巨匠ジャン・ジル」公演。

皆様のお越しをお待ちしております!
前売チケットは6/5までメールで承ります。
大塚 otsuka@fonsfloris.com までどうぞ!

花井哲郎から直前メッセージ
ジルの音楽にはフランス・バロックの要素がいっぱい詰まっています。宗教的な心情がまるでバロック・オペラのように劇的に表現されます。楽しげな踊りは、急転換して苦悩や地震の場面に変わります。葬送行進曲は光の奔流に姿を変えます。独唱の旋律は装飾がたっぷりほどこされて、みやびなこと、この上ないです。オーケストラは彩り豊かで、その響きに浸っているだけで幸せな気持ちになります。
そしてさらに南フランスの音楽家ジルならではの個性がそこに加わります。3拍子の舞曲的なセクションがふんだんに取り入れられています。独特なリズム感があって、聴いているととてもじっとしていられなくなるでしょう。旋律線は寄せては引く波のように、終わるかと思うとまた続きます。構築されたというよりは、次から次へとほとばしり出てきてしまった歌のようです。そんな魅力あふれるジャン・ジルの世界を、できるだけ多くの音楽愛好家の皆さんに味わっていただきたいと、心から願っています。
花井哲郎執筆プログラム・ノート
http://www.fonsfloris.com/c/20140606.htm

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
期間限定公開の動画です!
突撃!となりの「セルパン」

突撃!となりの「リコーダー」


リハーサル風景1

リハーサル風景2
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2014年6月6日(金)午後7時15分開演
カトリック関口教会 東京カテドラル聖マリア大聖堂

演奏曲ジャン・ジル 死者のミサ(レクィエム)、「あなたを愛します、主よ」
Jean Gilles (1668-1705), Messe des morts/Diligam te, Domine

演奏:古楽アンサンブル コントラポント

独唱
ソプラノ dessus:花井尚美
アルト haute-contre:中嶋克彦
テノール taille:大久保亮
バス basse:春日保人

管弦楽
ヴァイオリン・ヴィオラ violons:小野萬里 大西律子 長岡聡季 丹沢広樹 阿部まりこ 上田美佐子 深沢美奈
バス・ド・ヴィオロン basse de violon:十代田光子 西澤央子
リコーダー flute a bec:太田光子 辺保陽一
オーボエ hautbois:尾崎温子
ファゴット basson:鈴木禎
セルパン serpent:橋本晋哉
テオルボ theorbe:金子浩
オルガン orgue:上尾直毅

合唱隊
ソプラノ dessus:鏑木綾 金成佳枝 神山直子 田村幸代
アルト hautes-contre:青木美桜 金沢青児 櫻井元希 佐藤拓
テノール tailles:中村康紀 沼田臣矢
バリトン basses-tailles:富本泰成 渡辺研一郎
バス basse:西久保孝弘 松井永太郎

指揮
花井哲郎

チケット
[前売]一般5,000円 ペア9,000円
[当日]一般5,500円 学生:2,500円*
(全自由席 *学生券は、学生証を提示のうえお求め下さい)

c0067238_11411912.jpg


[PR]
by fons_floris | 2014-06-05 11:30 | コントラポント