<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
【記事紹介】ダ・ヴィンチが描いたジョスカンの肖像画?!
4年前に花井哲郎が参加した「ジョスカン・シンポジウム」の記事をご紹介します。
その発表のひとつは衝撃の内容でした。レオナルド・ダ・ヴィンチがジョスカン・デ・プレを描いたかもしれない、というもの。
それは、まもなく東京都美術館で始まる「レオナルド・ダ・ヴィンチ展―天才の肖像」の目玉作品、「ある音楽家の肖像」です。

皆さんの目で実際に確かめられる機会かもしれません?!

【花井哲郎】ミッデルブルグ便り2009(2)

*
[PR]
by fons_floris | 2013-04-16 11:30 | 花井哲郎
【合唱団】ワイン部 第一回部会♪
まだ冬の寒さの残る3月末、練習の後に有志によるワインの会を催しました。今回は10名、練習会場近くのお店を予約しました。

お料理もワインもとても美味しく、マエストロや団員同士もそれぞれが楽しく語り合う時間となりました。
仕事で練習には間に合わなくてもこの会には…と駆けつけたメンバーや、「実は足掛け2年、先生に質問できなかったことを今日聞きます!」という団員もいましたよ。

また、マエストロから大変ためになるお話もたくさんしていただいたはずなのですが、覚えているのは他愛のないことばかり…次回は録音メモしてみようと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*

つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2013-04-14 15:00 | 合唱団フォンス・フローリス
【ご案内】合唱団7月21日公演
c0067238_13101428.jpg昨年、満員御礼となりました合唱団フォンス・フローリスの2013年公演詳細が決定しました。

合唱団フォンス・フローリス
第6回コンセール・スピリテュエル

2013年7月21日(日)午後2時(1時30分開場)
上野学園 石橋メモリアルホール


* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *
フランス・バロック宗教音楽
聖母被昇天のミサ
* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *


マルカントワーヌ・シャルパンティエ Marc-Antoine Charpentier (1643-1704)
 ミサ《マリアは天に上げられ》 Missa Assumpta est Maria H.11
 「聖なるおとめマリア被昇天に」 In Assumptione Beatae Mariae Virginis H.353
 マニフィカト Magnificat H.78
ほか

つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2013-04-14 13:30 | 合唱団フォンス・フローリス
【ビバ!合唱】シャンソン
4月14日のビバ!合唱は、シャンソン特集です。
カペラの歌うシャンソンも流れます!
朝早い時間ですが、花井の解説でお楽しみください。あさ7時20分からNHK-FMです。
曲目詳細は公式ページへ。
http://www4.nhk.or.jp/viva/
[PR]
by fons_floris | 2013-04-12 22:36 | 花井哲郎
【古楽院】バード、ジョスカン受講者を大募集!
先日ご案内した「4月開講講座」のうち、次の講座はパートのバランスをもう少し取りたいと思っています。
ご検討中の方、ぜひご覧ください。

ルネサンス音楽を歌う[1] ジョスカンのミサ曲
男声 若干名
4月13日(土)スタート!

ルネサンス音楽を歌う[2] バードのモテット
メゾソプラノ、男声 若干名
4月27日(土)スタート!


講座の様子がわかる「古楽院ブログ」もぜひご覧ください。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


講座詳細:

つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2013-04-11 17:30 | 古楽院
【カペラ】来場御礼、録音に行ってきます!
昨夜のレクチャーコンサートは、(満席一歩手前の)大勢のお客様に、花井による解説と、カペラの演奏をお届けすることが出来ました。ご来場、誠にありがとうございました。
解説で「いかに複雑な作りの曲であるか」を力説していましたので、どのような演奏かと思われた方もいらっしゃると思いますが、ノリがよく、スイスイと進んでいくような感じでしたね。

1月公演で演奏したロム・アルメ、昨夜のロム・アルメ、この2曲を、来週北海道で録音してきます。
ジョスカンのミサ曲全集の録音自体は、実はもう終盤に差し掛かっています。
ここまでこられたのも、皆様のご声援、ご支援のおかげと感謝しております。

録音およびリリース完了まで、引き続き応援のほど、よろしくお願い申しあげます。

カペラのアルバム(レグルスでリリースしたもの)はすべて、海外発送を承っております。
くわしくはレグルスのウェブサイト(英語ページ)をご覧ください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

*
[PR]
by fons_floris | 2013-04-11 16:55 | カペラ
【当日券情報】4月10日 カペラ レクチャーコンサート
レクチャーコンサートの当日券を、午後6時より販売いたします。皆様のご来場をお待ちしております。

レクチャーコンサート「ルネサンス・ミサの魅力5」
~ジョスカンのミサ《ロム・アルメ》を聴く

2013年4月10日(水)午後7時 
東京オペラシティ・近江楽堂


詳細はこちらをご覧ください。
公式サイト トピックスページ
Facebookページ イベントページ


*
[PR]
by fons_floris | 2013-04-10 00:00 | カペラ
【古楽院】4月開講講座のご案内(2013年)
新年度がスタートし、新しい生活、新しい気持ちで日々過ごされていることと存じます。
古楽院も先月スタートの各講座は無事に開講しました。

今月4月には、残りの講座がスタートします。すでに定員に達してしまった講座もありますが、まだ余裕のある講座もございます。
ぜひご検討ください。

お問い合わせ、お申し込みはこちらまで
フォンス・フローリス古楽院(関西、東京)問い合わせ・申し込み

つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2013-04-08 18:50 | 古楽院
【カペラ】直前メッセージ! 花井哲郎

恒例カペラ・レクチャー・コンサート、今回はジョスカンのミサ曲の中でも、飛び抜けて壮大な作りのミサ《ロム・アルメ》「種々の音高による」です。ジョスカンが作ったもう1曲のミサ《ロム・アルメ》は第6旋法という副題がついていて、曲の作りも雰囲気もまったく異なっています。こちらは1月の定期公演で演奏しました。

「種々の音高による」の方は、お話しすることがたくさんあり、レクチャーが長くならないようにうまくまとめるのが大変です。それだけ面白いということで、とんでもない仕掛けがいろいろ組み込まれています。ジョスカンはいつもそうなのですが、そのような凝った、技巧的な作りの曲であるほど、技巧を感じさせずに、感動的な美しさがある、というところが、本当に不思議です。このミサ曲もそのような典型です。実は何も知らなくても十分に楽しめます。でも、知っていると、さらに感嘆します。

通常の演奏だけではなかなかわからないことも、実演を通してお聴かせしながら、この傑作の魅力を解き明かしていきたいと思います。もちろん、お話のあとに、全曲通して演奏します。どうぞお楽しみに!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レクチャーコンサート「ルネサンス・ミサの魅力5」
~ジョスカンのミサ《ロム・アルメ》を聴く


2013年4月10日(水)午後7時(6時30分開場)
東京オペラシティ・近江楽堂

演奏曲目:
ジョスカン・デ・プレ ミサ《ロム・アルメ(武装した人)》「種々の音高による」
Josquin des Prez (1450/55?-1521), Missa "L'homme armé super voces musicales"

出演:
superius 花井尚美 安邨尚美 contratenor 青木洋也 望月裕央
tenor 及川 豊 根岸一郎 bassus 櫻井元希 花井哲郎(音楽監督)

チケット料金:
[前売]一般4,000円 ペア7,000円 学生2,500円 [当日]一般4,500円
 ※全自由席 ※学生券は、学生証を提示のうえお求めください

問い合わせ・お申し込み:
フォンス・フローリス 窪田 m-kubota@fonsfloris.com

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

皆様のお越しをお待ちしております。


*
[PR]
by fons_floris | 2013-04-08 07:00