カテゴリ:合唱団フォンス・フローリス( 15 )
【合唱団】フレンチ忘年会!
合唱団フォンス・フローリスも、今年の練習が無事終わりました。
先日行われた、東京での最終練習後の忘年会の様子をお伝えします。

会場は、なんとおしゃれなフレンチ! 貸切でした。

c0067238_21205626.jpg


つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2012-12-28 22:00 | 合唱団フォンス・フローリス
【当日券情報】 7/16 第5回コンセール・スピリテュエル
合唱団フォンス・フローリスとコントラポントによる演奏会、当日券をご用意しております。
暑い中ではありますが、ご来場お待ちしております。多彩な魅力を放つラモーとカンプラの名曲をお楽しみいただけます!

7月16日(月・祝)午後1時30分開場 2時開演
上野学園 石橋メモリアルホール

当日券 一般3,000円 学生¥2,000* 全自由席
(*学生券は、学生証を提示のうえお求めください)



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
[PR]
by fons_floris | 2012-07-15 23:44 | 合唱団フォンス・フローリス
【合唱団】7月16日の鍵盤はチェンバロとオルガン!
7月16日(月祝)に迫りました、合唱団フォンス・フローリス 第5回コンセール・スピリテュエル、演奏される楽器が増えました!
ラモーとカンプラ、いずれもオルガンの予定でしたが、ラモーはチェンバロで演奏されます。上尾さんの色彩豊かな音色をチェンバロとオルガンのふたつでお楽しみいただけます!

午後2時開演 上野学園 石橋メモリアルホールです。皆様のご来場をお待ちしております。

チケット
前売¥3,000 当日¥3,500 学生¥2,000* 全自由席  (*学生券は、学生証を提示のうえお求めください)

お問い合わせ、チケット申し込み
窪田 m-kubota@fonsfloris.com
(前日までのお申し込みは、前売り料金で承ります)

演奏者…

つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2012-07-13 20:50 | 合唱団フォンス・フローリス
【演奏会】7月16日 第5回コンセール・スピリテュエル
c0067238_22544642.jpg昨年、通年の活動団体として新たにスタートを切った「合唱団フォンス・フローリス」。フランス・バロック宗教音楽を専門のレパートリーとして花井哲郎の指導のもと、練習を続けています。
今年7月、古楽アンサンブル「コントラポント」とともに第5回演奏会を行います。18世紀フランスの優雅、かつ躍動的、感動的な音楽をぜひ聴きにいらしてください!

2012年7月16日 午後2時開演(1時30分開場)
上野学園 石橋メモリアルホール

「フランス・バロックの宗教音楽」

演奏曲:
ジャン=フィリップ・ラモー 「主が連れ帰ってくださったとき」
Jean-Philippe Rameau (1683-1764), In convertendo Dominus
アンドレ・カンプラ レクイエム 
Andre Campra (1660-1744), Requiem

つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2012-05-18 23:00 | 合唱団フォンス・フローリス
【フランス・バロック】シャルパンティエを歌った!
去る2010年12月26日(日)神田キリスト教会で行われた合唱団フォンス・フローリスに出演した、はちへいさんによる演奏会報告です。

c0067238_031862.jpg演奏曲目:マルカントワーヌ・シャルパンティエ
Marc-Antoine Charpentier(1643-1704)
真夜中のミサ Messe de minuit
わたしたちの主イエス・キリスト御降誕の歌 In Nativitatem Domini nostri Jesu Christi Canticum
ほか

出演:古楽アンサンブル「コントラポント」
独唱
ソプラノ/アルト 花井尚美
テノール 及川豊 バス 春日保人 ほか
器楽
リコーダー 太田光子 辺保陽一
ヴァイオリン 小野萬里 丹沢広樹
ヴィオラ 上田美佐子 ヴィオローネ 西澤央子

合唱
合唱団フォンス・フローリス

指揮・オルガン・合唱指導:花井哲郎

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 数年前に、「合唱ができるまで」という映画を見た。題名の通り、最初から最後まで合唱の練習シーンしか出てこない。合唱経験のない一般人にはつまらない映画かもしれない。
 この映画の中で取り上げられているのがマルカントワーヌ・シャルパンティエの「真夜中のミサ」だった。パリの合唱指揮者クレール・マルシャンが様々な年代のアマチュア合唱団に独特の技法を駆使して練習を進める様子が描かれている。
 演奏会本番が始まったとたんに終わってしまう映画の続きを、是非自らが体験してみたいと思っていた。
 ・・・というわけで、1年間楽しみにしていた演奏会が近づいてきた。


つづきを読む
[PR]
by fons_floris | 2011-01-04 11:00 | 合唱団フォンス・フローリス