8月2日 グラン・モテの系譜(合唱団フォンス・フローリス&コントラポント)
デュ・モン、ド・ラランド、カンプラ、モンドンヴィル。

一般には聞き慣れない名前と思います。

でも、フランス・バロック音楽を愛する者にとってはトップスターなのです!

特に宗教音楽の分野ではこの4人の存在はとても大きいです。

その代表的な作品を集めて聴けるというのは本当に今まで日本にはなかったことと思います。

合唱団フォンス・フローリスは来年には10周年を迎えますが、これまで毎年フランス・バロックの宗教音楽ばかりを演奏してきました。

その鍛錬の成果をお聴き頂けることと思います。

スペシャリストのプロ集団である古楽アンサンブル コントラポントの独唱、管弦楽陣が本格的なサウンドで華を添えてくれます。

暑い夏の花火のようなこの豪華な音楽をどうぞお楽しみください!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グラン・モテの系譜
2015年8月2日(日)午後2時(1時30分開場)
上野学園 石橋メモリアルホール


アンリ・デュ・モン「バビロンの流れのほとりで」
Henry Du Mont (ca.1610-1684), “Super flumina Babylonis”

ミシェル=リシャール・ド・ラランド「主に向かって新しい歌を歌え」
Michel-Richard de Lalande (1657-1726), “Cantate Domino canticum novum”

アンドレ・カンプラ「神はわたしたちの避けどころ」
Andre Campra (1660-1744), “Deus noster refugium”

ジャン=ジョゼフ・カッサネア・ド・モンドンヴィル「深い淵より」
Jean-Joseph Cassanea de Mondonville (1711-1772), “De profundis”




17世紀から18世紀にかけて、バロック時代のフランスでは、グラン・モテ(大規模なモテット)と呼ばれる宗教音楽のジャンルが発展しました。

これはルイ14世を中心とした宮廷でのミサの中で、いわゆるミサ曲に代わって演奏された、独唱、合唱、管弦楽からなる一種の教会カンタータです。

主に旧約聖書の詩編をその歌詞として、起伏に富んだ詩編の内容を、オペラさながらの劇的な音楽に作曲したものです。

フランス宮廷では宮廷礼拝堂副楽長が実質的な教会音楽のトップとして、グラン・モテの作曲と演奏にあたりました。

この演奏会では歴代副楽長の作品を取り上げます。

グラン・モテ草創期のデュ・モン、グラン・モテの完成者ド・ラランド、劇場音楽にも秀でたカンプラ、そしてグラン・モテに関しては同時代のラモーをも上回る人気のあったモンドンヴィルと、時代順に4人の代表的作曲家の作品をお聴き頂けます。


〈独唱と管弦楽〉 古楽アンサンブル コントラポント

 ソプラノ dessus 染谷熱子 田村幸代
 オートコントル haute-contre 中嶋克彦
 テノール taille 根岸一郎 富本泰成
 バリトン・バス basse-taille/basse 春日保人
 ヴァイオリン・ヴィオラ violons 小野萬里 大西律子 長岡聡季 丹沢広樹 阿部まりこ 上田美佐子 深沢美奈
 バス・ド・ヴィオロン basses de violon 西澤央子 十代田光子
 ヴィオローネ violone 櫻井茂
 トラヴェルソ flutes traversieres 菊池かなえ 国枝俊太郎
 オーボエ hautbois 尾崎温子 森綾香
 ファゴット bassons 鈴木禎 安本久男
 テオルボ theorbes 金子浩 上田朝子
 オルガン、チェンバロ orgue, clavecin 上尾直毅

〈合唱〉 合唱団フォンス・フローリス

〈指揮〉 花井哲郎

チケット
前売3,200円 当日3,700円 学生2,500円*
全自由席 *学生券は、学生証を提示のうえお求めください

前売取扱
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650(セブン-イレブンでの引き取り可能)
東京古典楽器センター 03-3952-5515
スペースセントポール(東京カテドラル内) 03-5981-9009
サンパウロ(四谷駅前) 03-3357-8642

問い合せ 大塚 otsuka@fonsfloris.com

主催:フォンス・フローリス 合唱団フォンス・フローリス

c0067238_23313625.jpg
当初出演を予定しておりましたソプラノ花井尚美は、
健康上の理由により出演できないことになりました。
代わりまして、染谷熱子が出演いたします。

*


[PR]
by fons_floris | 2015-07-27 09:00 | 合唱団フォンス・フローリス
<< 掲載終了「歴代副楽長達のグラン... カペラ定期公演・友の会のご案内... >>