【ラモー宗教作品全曲演奏会】8月31日 石橋メモリアルホール
合唱団フォンス・フローリスと古楽アンサンブル コントラポントによる第7回コンセール・スピリテュエル。

2014年は、ジャン=フィリップ・ラモー Jean-Philippe Rameau (1683-1764)の没後250年を記念して、彼の宗教作品を全曲演奏いたします!

*~*~*~*~*~*~*~*

フランスのバロックを代表する作曲家の一人、ラモーが今年没後250年を記念します。

ラモーといえばオペラが有名で、そのほかクラヴサン作品、室内楽、カンタータなどにも名曲があります。宗教作品として残されているのは4曲のみです。

この演奏会はその全宗教作品をすべて聴くことのできる、またとない機会です。

独唱、合唱、管弦楽によって、主に詩編を歌詞としたフランスの大規模な宗教音楽「グラン・モテ」のスタイルで作られています。

装飾豊かなアリア、緻密に作り込まれた合唱、劇的なオーケストラと、ラモーならではの魅力がいっぱいに詰まった作品ばかりです。

とくに、「主が連れ帰ってくださったとき」"In convertendo Dominus"は18世紀パリで行われた公開演奏会シリーズ「コンセール・スピリテュエル」でも取り上げられた作品です。

そして今年合唱団フォンス・フローリスによる定期公演コンセール・スピリテュエルで鮮やかに甦ります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*




2014年8月31日(日)午後2時開演(1時30分開場)
上野学園 石橋メモリアルホール

第7回コンセール・スピリテュエル
ジャン=フィリップ・ラモー没後250年記念
宗教作品全曲演奏会

「神はわたしたちの避けどころ」“Deus noster refugium”
「あなたの住まいは何と麗しいことでしょう」“Quam dilecta tabernacula tua”
「主が連れ帰ってくださったとき」“In convertendo Dominus”
「わたしは叫び続けて疲れ」“Laboravi clamans”

〈独唱と器楽〉古楽アンサンブル コントラポント

ソプラノ dessus 花井尚美 田村幸代

アルト haute-contre 中嶋克彦

テノール taille 根岸一郎 富本泰成

バス basse 春日保人

ヴァイオリン・ヴィオラ violons
 小野萬里 大西律子 長岡聡季 迫間野百合 丹沢広樹 阿部まりこ 上田美佐子 深沢美奈

バス・ド・ヴィオロン basse de violon 十代田光子 西澤央子

ヴィオローネ violone 櫻井茂

トラヴェルソ flutes traversieres 菊池香苗 国枝俊太郎

オーボエ hautbois 尾崎温子 森綾香

ファゴット basson 鈴木禎

テオルボ theorbe 金子浩

オルガン、チェンバロ orgue, clavecin 上尾直毅


〈合唱〉合唱団フォンス・フローリス

〈指揮〉花井哲郎

チケット:
前売¥3,000 当日¥3,500
学生¥2,500(前売、当日とも)
*全自由席 *学生券は、学生証を提示のうえお求めください

前売取扱:
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
 *セブン-イレブンでの引き取り可能 *休館のため窓口取扱いはありません

東京古典楽器センター 03-3952-5515

スペース・セント・ポール(東京カテドラル内) 03-5981-9009

サンパウロ(四谷駅前) 03-3357-8642

チケットに関する問い合わせ:

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フェイスブックやツイッターでも情報発信しています!

Facebook(本公演のイベントページ)

Twitter(フォンス・フローリス全体の情報発信など)

c0067238_11372335.jpg

c0067238_11372932.jpg


*

[PR]
by fons_floris | 2014-07-28 11:30 | 合唱団フォンス・フローリス
<< コントラポント定期公演ご案内(... 【カペラ】2014/2015シ... >>