【コントラポント】楽しいクリスマス 花井哲郎
コントラポントのクリスマス、今年はすべてドイツ・バロックです。そしてどれも楽しい曲ばかり!

テーマは「大いなる喜び」です。キリスト降誕の喜びを味わい深く、そして楽しく表現した、とてもとてもドイツ的な音楽を集めました。

独唱者7名にヴァイオリン、ヴィオローネ、リュート、オルガン、そして金管アンサンブルが加わります。金管、とは言っても高い声部は木製のコルネット(ドイツ語ではツィンクといいます)です。

特に今回の作品が作られた17世紀前半に大活躍した素敵な楽器で、柔らかいトランペットのような音がします。それに古いタイプのトロンボーン、ファゴットの前身であるドゥルツィアンが加わり、とても賑やか、豪華で、その響きの中にいるだけで満ち足りた豊かな気持ちになります。

そして素晴らしい名手揃い!

歌手は7人のうちの、何と4人までがテノールです。テノールが活躍する時代の音楽にふさわしく、輝かしいアンサンブルです。じつはテノールの一人の笠原さんは、今回のコルネット奏者でもあるのです。さらにリュートも弾きこなすマルチ・タレントで、ついでにリュートも、とも考えましたが、さすがに慌ただしすぎるので今回は一人二役です(それでもすごい!)

古楽をやっていると、演奏したい作品がいくらでもあり、演奏会ごとに新しい作品に出会えて、新しい発見があるのがとても楽しいです。しかし、中には何回も繰り返し演奏する作品もあります。

今回のプログラムの中にも過去に何度か取り上げたことのある曲も大分含まれています。シュッツのクリスマス物語もそのひとつで、ほのぼのとした、どこか懐かしい音がして、クリスマスの暖かさがじーんと伝わってくるような名作です。

今度の日曜は、どうぞ皆さんで渋谷に足を運んで頂き、コントラポントと一足早いクリスマスのお祝いをしましょう!

*~*~*~*~*~*~*~*~*

12月15日(日)午後2時開演
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

公演情報と期間限定公開のプログラム・ノートはこちらをご覧ください

*
[PR]
by fons_floris | 2013-12-13 12:00 | コントラポント
<< 【コントラポント】12月15日... 【期間限定!】12月15日プロ... >>