ジェズアルドのおもしろさ 花井哲郎
間もなくコントラポント合唱隊による、ジェズアルドの演奏会です。実はもともと、聖週間のレスポンソリウム全曲、1日9曲を3日分、全27曲やろう、ということで始めたのですが、最初の練習ですぐに、無謀な計画ということがはっきりして、2日分になりました・・・それでもかなりな分量の、濃い内容です。音域が広く、複雑な転調が続く箇所も多く、技術的にも相当な難曲です。それにもまして、キリストの受難、罪の悔い改め、という、重いテーマの表現には、演奏者の人間性そのものが問われている気がします。20代が中心のアンサンブルで、今後さらなる人生経験を積んでいくことになる歌手達ですが、今の彼らにしか持ち得ない若さと精力のすべてを投入して歌い込んできました。
c0067238_12275782.jpg




ジェズアルドの工夫には、演奏のたびに感嘆します。一つ一つのテキストに対して、繊細で感受性豊かな、とても多様な語法で音楽を作り込んでいます。苦悩にあふれた、とんでもない和声展開に驚かされたと思うと、遠ざかっていくキリストの寂しげな背中が見えるような響きがあります。激しく劇的な動きがあると、今度は同じモチーフが巧妙に模倣していく対位法的なセクションが続きます。すべては受難の歌詞の表現のためであり、悔恨の深い想いの表れです。感情が知的に構築されていることにより、かえって技法を超えた感動におそわれます。
コントラポントとしては初めてのア・カペラによる公演です。聖母病院の聖堂に、濃密な世界を創り出せるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いします。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

古楽アンサンブル「コントラポント」第13回定期公演
受難のレスポンソリウム
合唱隊によるアカペラの演奏会
ジェズアルド没後400年記念


2013年3月17日(日)午後4時
(3時30分開場/3時40分より音楽監督の花井哲郎による解説があります)
聖母病院・聖堂(東京都新宿区中落合2-5-10)
Google Mapで地図を見る

【チケット】前売 一般 4,000円 ペア 7,000円 学生 2,500円*/当日 4,500円(全自由席)
【チケット取扱】*学生券は学生証を提示の上お求め下さい
 東京文化会館チケットサービス03-5685-0650(セブンイレブンでの引き取り可能)
 東京古典楽器センター03-3952-5515
 スペース・セントポール(東京カテドラル内)03-3941-4971
 サンパウロ(四谷駅前)03-3357-8642

公演の詳細はこちら

日曜の午後、キリスト受難への想いを深めるひとときとなれば幸いです。
皆様のお越しを、演奏者およびスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


-
[PR]
by fons_floris | 2013-03-13 12:30 | コントラポント
<< リハーサル風景(合唱隊) 【古楽院】2013年3月開講講... >>